「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「天気@」夢を見たときの夢占い

夢における天気は感情の象徴です。もちろん、どのような天気かによって意味は異なります。


天気…感情の象徴

天気は感情を象徴しています。
現実でも天候によって感情が左右されることもありますが、夢でもそれぞれの天気によって読み取られる感情の種類も異なります。


○晴れの場合

現実でも晴天を見ると晴れやかな気持ちになるもの。晴れの夢を見るというのは、心の中がすっきりとしている状態を指します。晴天の下にいるときのように爽やかな心理状態にあるといえます。

恋人を信じることが出来ている人は、晴れた空の夢を見るといわれています。

晴れている状態から空が曇ってきたら運気が下降線をたどっていることを示します。

逆に、今まで曇っていた空が晴れてきたらこれまで悪い状態だったとしても上向いてくることを示しています。


○曇りの場合

曇っている空を見たときはどんな気持ちがするでしょう?
どこかすっきりとしない、鬱々とした思いがしますよね。夢でも同じです。曇りの夢を見た場合は、心がどこか晴れやかでない、すっきりしない状態である、ということを示します。
空を隠す雲が増えれば増えるほど、心理状態は良くないものであるといえます。また、曇り空の夢は恋人を信じ切れていない状態を示すこともあります。


○雨の場合

雨は運気が悪いことを示しているように思えますが、実は夢で雨が降っていた場合は運気が好転することを示しています。

同じ雨でも雨の降り方によっても意味は異なります。
たとえば土砂降りの場合は感情的になっていることを示しています。冷静になれない状態であることを示していますので、土砂降りの夢を見た場合は一度心を落ち着ける必要があります。