「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「眠る」夢を見たときの夢占い

現実を直視したくないような状況にある人は眠る夢を見るといわれます。眠ることで現実とは違う世界を見ようとしているのです。


眠る…現実の直視を避ける

眠っている状態は、夢を見ることはあるものの、現実の世界とはいわば隔絶された状態になります。夢の中で眠っている夢は、現実と離れた世界に行きたい、という思いの表れ。つまり、現実を直視したくない、と思っているときに眠る夢を見るといわれています。


誰かと一緒に眠る夢を見た人、日常生活に安心しきってはいませんか?
誰かと一緒に眠る夢は、周りに対して自分が無防備になっている、という夢からの警告かもしれません。周りを信じるのは良いことですが、闇雲に信じるだけだとそのうち騙されたり裏切られたりと良くないことが起こるかもしれませんので注意しましょう。


「誰か」というのが自分の好きな相手である場合。つまり、自分の好きな人と一緒に眠っている夢を見た人は、恋に強くあこがれている状態にあるのかもしれません。
その人と実際に一緒に眠れる日が来ればよいのですが、この夢を見ている人が現実でそういった日を迎えるのはまだまだ遠い可能性が高いです。


眠りたいのに眠れない、というのは現実でももどかしい思いがしますが、こういった思いを夢の中でもした場合は、健康チェックを行ったほうが良いかもしれません。こういった夢は、心身が疲れている証拠。心身がしっかりと休めていない状態であるときにこういった夢を見るといわれます。