「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「病院」夢を見たときの夢占い

病院は治癒・治療の場。夢で病院が出てきた場合、現実でも治療や休息が必要な暗示とされます。


病院…治療の必要性

病院は多くの場合で病気になったり、怪我をしたり、体に異常が出てきたときに行くところです。そんな病院が夢に出てきた人は、実際に病院に行くまでではなくとも、体が治療や休養を求めている状態であるということを示唆しています。


病院に行く夢を見た人は、今働きすぎていないか自分の生活時間を振り返ってみましょう。
こういった夢は仕事などのやりすぎで疲れがたまっているときにも見るもの。たまにはゆっくりと休むことも必要です。休みをとりリフレッシュすることによって、ずっと仕事を続けて過労の状態でいるよりもずっと、仕事もはかどるようになるでしょう。
入院している夢を見た場合は特に、心の底では休養を求めている、しばらく休みたいと思っていることを示しています。


どこか明確に悪い、たとえば頭が痛い、胸が痛い、という症状を訴えて病院へ行く夢。
これは一度現実でも同じ部位を病院で診てもらった方がよいかもしれません。実際にその場所に問題があるとき、そういった夢を見るケースがあります。


自分自身が病院にかかるのではなく、病院にいる誰かを見舞いに行く夢。
これは、その見舞いに行った相手自身とは限りませんが、周りの誰かに迷惑をかけられている、と心の中で思っているときに見る夢だとされます。
一方自分が病院にいて見舞いに来てもらう夢は自分が誰かに迷惑をかけているしるし。少し自分の行動、態度を見つめなおす必要があるかもしれません。