「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「バラ」夢を見たときの夢占い

バラの夢は愛と美の象徴とされています。その色によっても夢占いにおいて意味は異なります。


バラ…愛と美の象徴

花の夢は女性的なエネルギーの象徴とされましたが、その中でもバラの花は愛と美を象徴する夢とされています。このバラの花はその花がどういった状態なのか、またどういった色をしているのかによっても意味が異なります。


たとえば、伝説上の花とされる青いバラの花の夢。この花を夢に見た人は、不思議な体験をするといわれています。特に恋愛において不思議な体験、不思議な恋愛をする可能性を示しているのが青いバラの夢です。この青いバラの花を夢で見た人は、近いうちに不思議だと感じる出会いをするかもしれません。


一般的な赤いバラは恋が成功する、成就する暗示の花とされています。
片思い中の人は積極的にアプローチすることをおすすめします。バラの花は相手との仲がうまくいく暗示です。積極的にアプローチしていけば、恋がかなうかもしれません。

この赤いバラを異性からプレゼントされる夢は、そういう願望のあらわれ、ということでなければ、異性からアプローチを受ける暗示でしょう。それも情熱的なバラと同じように、熱く積極的なアプローチを受けるということです。


バラのとげが刺さる夢は、現実の恋愛においてもとげが刺さる、つまり問題が起きる、ということ。もしこのとげによって怪我をしてしまっているような夢であれば、恋愛関係の問題によって精神的に傷を受けることになってしまうかもしれません。


なお、黄色のバラは今好きな人と仲良くしている人がいる状態、など、嫉妬心がある人が見る夢とされています。