「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「話す」夢を見たときの夢占い

話す夢を見た人は、その話した内容についてじっくり考えてみましょう。それは自分の心の奥底にある、はっきりとさせたい気持ちなのかもしれません。


話す…気持ちをはっきりとさせたいという願望

何かを話す夢は、自分の中にある考えなどをはっきりとさせたいときに見る夢だといわれています。
話すという行為は、何かを明確に表現するということ。夢の中で話している場合は、自分の中に考えや気持ちをはっきりと示したい、という思いがあることを示しているのです。


好きな相手とスムーズに話している夢は、自分自身の願望を示している可能性があります。
特に普段以上に上手く話している夢などは、相手に自分の方に振り向いてほしいという願いから見ているのかもしれません。


内緒話をしている夢を見た場合は要注意です。
これから人間関係においてトラブルが起きる可能性があります。現実でも内緒話のように隠れてこそこそするのではなく、誠実な態度を心がけることによってトラブルは回避できるでしょう。


現実でも話が上手くできなかったり相手にうまく伝わらなかったらつらく感じますが、夢で話しても相手に理解されなかったときは、自分自身が孤独を感じていることを示しています。


この話す夢を解釈するときには、話す、という行為だけでなく、話している相手や、話している内容についても十分に気をつける必要があります。話している相手や内容によっても、占いの結果は変わってきます。
現実の自分が思ってもみなかったことを話している夢を見た場合は、その「思ってもみなかったこと」に注目してみましょう。もしかしたらそれは自分の潜在意識にある、自分自身の思いなのかもしれません。