「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「手紙」夢を見たときの夢占い

手紙とは情報をやり取りするもの。夢占いにおける手紙も、情報が入る前触れとされています。


手紙…情報が入る前触れ

現実での手紙は昔から何かを伝達する手段として用いられているもの。夢でこの手紙が出てきたときは、近いうちに何か知らせがある、というきざしです。
もしかしたらその知らせは、自分が夢に見た手紙の中に書いてあるかもしれません。手紙の内容を覚えている人、その内容は、自分が気づかない心の奥底から、「気づいた方が良いよ」というメッセージの可能性もあります。手紙の内容に身に覚えがあれば、それは夢からの、つまり自分自身からの知らせとして受け取りましょう。


もらった手紙を開けている夢は、良い夢です。
具体的に何か、というところまではわかりませんが、自分が求めていたこと、なにとげようとしていた何かが現実のものとなるしるしです。

反対に手紙をもらってもあけない夢は、「知らせを見たくない」ということ。つまり何か自分の中で見たくないこと、認めたくないことがある証拠です。


具体的な誰かに手紙を書いている夢を見た場合、手紙でなくとも構いませんので、その人に連絡を取ってみると良いでしょう。その人に何か伝えなければならないことがあるとき、手紙を書いて伝えようとする夢を見ると考えられます。


ラブレターを書く夢は一見ほほえましいようにも思えますが、夢占いでは恋心が満たされていない象徴とされます。また自分自身で直接言うのではなく手紙という伝達手段を用いていることからか、恋に対して消極的になってしまっている、という解釈がなされることもあります。