「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「ライト」夢を見たときの夢占い

夢におけるライトとは希望の象徴。このライトが明るければ未来も明るいことを意味します。


ライト…希望の象徴

ライトとは、暗闇を照らすために用いられるものです。「光明が差し込む」という表現がされることがありますが、暗い中で一つだけ明るいその光は時として希望や望みと同意に用いられます。夢におけるライトも、希望の象徴として扱われます。暗闇の中で差し込む光は、たった一つの希望であり、唯一の頼るすべなのです。


夢の中でライトが明るく輝いていればいるほど、明るい未来を示すといわれます。反対に暗いライトであれば、暗い未来を示すということになります。もし点滅していたり光っていてもさほど明るくないライトの夢であれば、未来に何か問題が待ち受けている、ということかもしれません。


真っ暗の中にぱっとライトがともる夢は、もし今問題がある状況、暗闇の中のように手探りの状況にいたとしても、その状況が解決に向かうということ。
問題が解決し、夢の中で照らされたライトのように明るく晴れやかな気持ちになれる日が近いことをこの夢は示しています。

ライトがつくのではなく、ライトが突然消えてしまうような夢であれば、現実でも注意が必要です。何か予期せぬアクシデントに見舞われる可能性があります。


なお夢の中でライトに照らされている物が何か具体的にわかる場合は、その物を出来る限り覚えておきましょう。夢の中でライトに照らされたものは、現実で関心を持つと良いという、夢からのメッセージなのです。