「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「歩く」夢を見たときの夢占い

歩く夢は、人生が開ける前触れをされます。どのように、どこを、誰と歩くかによっても意味は異なります。


歩く…人生が開ける前触れ

何かを行い始める、何かを始めるとき、比喩的に「歩み始める」「歩き始める」などという表現がされることがあります。
夢の中でも歩く、という行為は何かを始めたり、人生の転機が訪れようとしているときに見るものだとされています。


一人で静かに歩いている夢を見た人は、今、良い状況にあるといえます。
一人で歩く、しかも静かに歩く、というのはマイペースに進んでいける、ということ。現実でもマイペースに、何事にも邪魔をされず順調に物事を進めることが出来るでしょう。


また目的地にむかってゆっくりと歩いている夢は、恋愛に関係があります。このような夢を見た人は近いうちに恋をすることになるかもしれません。


歩きながら、本来の目的地ではない場所に寄ったり、道草をする場合は、健康状態に陰りがある証拠です。
病気がある、というよりは、少し休息をとりたい、のんびりとしたい、という願望のあらわれのようです。


年上の人と一緒に歩いている場合は、年上の人が歩きながら導いてくれるように、現実でも援助してくれる人に恵まれるでしょう。
年上の人とともに歩く夢は、特に仕事面での援助者に恵まれる暗示です。


歩く夢を夢占いで解釈するときは、どのように歩いたか、誰と歩いたか、どこで歩いたか、というポイントが重要になってきます。そのポイントの違いによって、「歩く」夢の意味合いも変わってくるのです。歩く夢を占うときは、出来る限り歩いていた状況を思い出してみましょう。