「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「窓」夢を見たときの夢占い

窓の夢は、心の目を示すもの。開放的に開いている窓の夢ならば、心も開かれていることを意味します。


窓…心の目

現実での窓は外と中をつなぐもの。窓を開くと、違った世界が眼の中に飛び込んできます。夢の中での窓は、心の目、とされています。
この窓がどういう状態であるかによって、自分自身の心がどういう状態であるか、夢占いでは読み取ることが可能です。


窓が開放されている夢は、心も開放されているという意味を持ちます。
窓が開いている夢を見た人は、自分の心もあけっぴろげになっているということ。これは決して悪い夢ではありません。心が開け放たれていると同時に、運気も開けていることを示すのがこの窓の開いた夢なのです。

窓から光が差し込んでいる夢、窓からの光が明るく照らしている夢は窓が開いている夢同様、幸運のきざしです。この夢を見た人は近いうちにラッキーな出来事が起こるかもしれません。


反対に、窓が閉ざされている夢はあまり良い状態ではないと言えます。
窓が閉ざされているということは、外に対して自分の心も閉ざされているということ。かたく閉ざされていればいるほど、自分の心もかたく閉ざされていると考えられます。


窓のない部屋にいる夢も閉ざされた窓の夢と同じような意味を持ちます。
窓のない部屋にいる夢を見た人は、現実において無関心になってしまってはいませんか?
周りのものに興味や関心を持てなくなってしまったとき、窓のない部屋にいる夢を見ることがあります。