「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「朝」夢を見たときの夢占い

朝の夢は、新しい可能性を示すものとされています。


朝…新しい可能性の象徴

朝というのは一日の始まりです。新しい一日は朝から始まる、ということで、夢の中でも朝は新しい可能性を示すものとされます。

ただし、目覚ましが鳴っているような夢では、翌日予定があるなどで時間を気にしすぎている場合も見ますが、現実でも目覚ましが鳴っているために夢として表れていることもあります。
歯磨きなど朝に普段している、もしくはしなくてはならない行動をしている夢を見た場合は、出来るだけ早く起きる必要があるかもしれません。心のどこかで早く起きなければならない、と感じている証拠です。もしかしたら朝寝坊を体が感じて夢で教えてくれているのかもしれません。

遅刻してしまう夢を見たときは、遅刻をするのではないかと不安がっているときにも見るものですが、せっかくある好機をみすみす逃してしまっているときにも見るもの。
チャンスが自分の近くにあるのに、それをつかまずにいるとき見る夢が遅刻する夢だといわれています。


朝焼けは現実でもこれからの一日が始まるときに見られるものです。
夢でキレイな朝焼けが広がっていた場合、一日が始まるように、これから何かが始まる、という前兆です。何かが始まる、というのは決して悪いことではありません。良い夢として何かが始まることを示しているのが朝焼けの夢ですので、安心してください。

朝日が昇っていく夢は、もし運気が低迷していた人でもこれから運気の上昇を見込めるでしょう。朝日が昇る夢はこれから運気が上昇することを示す夢なのです。
特に運気が悪くなかった人でも、この夢を見ればさらに運気が上昇していくでしょう。


現実でも雲ひとつない快晴の朝というのはすがすがしいもの。夢の中でよく晴れた朝を気持ちよく迎えている場合は、これから何か良いことが起きるということを示す幸運の夢です。気持ちよい目覚めのように、現実でも何かしら良いことが起こる可能性があります。