「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「食べ物@」夢を見たときの夢占い

食べ物は夢占いにおいては心の糧といわれます。何を食べていたかによっても夢占いでの解釈は変わってきます。


食べ物…心の糧のあらわれ

物を食べる行為は、生命を維持していく上では欠かせない行為ですよね。その時食べる食べ物とは、つまり生命の源とも呼べるわけです。そういった食べ物は、夢占いにおいては心の糧とされています。
夢は心から見るもの。ですので、夢に出てくる食べ物は体ではなく心の糧、というわけです。心が求めているもの、それは経験や情報、具体的な物質など人それぞれでしょうが、そういったものが食べ物として夢の中に現れてくるのです。
もちろん、どういった食べ物かによって示す内容は変わってきます。自分の夢に出てきた食べ物は何だったか具体的に思い出しながら夢占いしてみると良いでしょう。


米は昔、大きな財産とされていました。その米は、夢占いにおいては財産の象徴。つまり米が出てくる夢は、金運など財運が向上するという良い夢だとされています。

肉は満足感、それも身体的、肉体的な満足感を示すものです。肉が足りない、などと思っている夢であれば、肉体的な満足感をまだ得られていない、ということかもしれません。

魚は自分の意識していない部分、つまり無意識を示すものとされています。特にカニや貝などの魚介類は自己防衛を示すもの。カニや海老、貝など周りがかたい魚介類を好んで食べている場合は、自分を守りたいと思っている可能性があります。