「何か気になる夢を見たら?」それは、今のあなたにとって重要なメッセージかも。夢占い辞典を仕事、結婚、恋愛などに、お役立てください。夢占い辞典はすべて無料でご利用できます。

「友人A」夢を見たときの夢占い

夢占いにおいての友人の姿は多くの場合で自分の意思の表れとされます。特に同性の場合は自分の分身ですし、異性の場合は恋人を示すものとされます。


友人…自分の分身

夢占いにおいては出てきた友人は自分の分身とされます。同性である場合は自分自身、異性である場合は恋人を示すもの、とされるのです。実際にそこに現れた友人との関係を示すこともありますが、多くの場合は友人の形を借りて自分の意思が示されているのです。


同性の友人が、自分の好きな人と仲良くしている夢を見た場合。
これは多くの場合が、自分自身の願望のあらわれと考えられます。自分自身が出来ないことを、夢の中で友人の体を借りて行っているのです。


同性の友人に嫌な気分をさせられるような夢を見た人は、なぜその友人に嫌な気分にさせられたのか、友人のどのような部分が嫌だったのかを出来るだけ思い出してみましょう。
夢における同性の友人は自分自身を指します。つまりその「嫌だと思った部分」は自分自身の中にある、ということなのです。自分が嫌だと思った部分ですので、自分自身にもそのような部分があると自覚した上で直していくよう努めると良いのではないでしょうか。


友人と喧嘩をする夢については、自分自身を示すものではなく、実際にその友人との関係を示すものとして解釈されます。現実で夢の中で喧嘩した友人との間に何らかの問題がある場合、このような夢を見るといわれます。
特にその友人との間に問題などない場合は、その友人との関係というよりも、新たに友人関係を築く良い機会が巡ってくる、そういうきざしがある、という意味になります。